DRIVE ME CRAZY

The only easy day, was yesterday.

ホーム > スポンサー広告 > スパークプラグ交換ホーム > VFRのメンテナンス > スパークプラグ交換

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント:(-)

スパークプラグ交換

今回はスパークプラグの交換を手順を追って解説します。

この記事を読んでくださるサンデーメカニックの方々のお役に立てれば幸いです。

※プラグを折ったり、エンジン側のネジ山をナメてしまうと最悪なので、
  自身のない方はプロに任せることを強く推奨します。


↓それでは始めたいとおもいます↓
DSC01652.jpg

4本で8400円もしやがる…1気筒2プラグよりましか… (-_-;

VFRはその名の通りV型エンジンです。フロントバンク(前側のシリンダー)は良いのですが、
リアバンク(後側のシリンダー)のプラグ交換は恐ろしく狭いため憂鬱になります。

ではまずフロントバンクから始めましょう↓

DSC01650.jpg

1:緑矢印のカプラーを外します。
 (ツメを押し込みながらでないと外れません)

2:赤矢印のボルトを外します。

ダイレクトイグニションコイルを引き抜きます↓

DSC01651.jpg

これでプラグにアクセスできるようになりました。

プラグを外す前に、プラグホールのゴミを飛ばします↓

DSC01657.jpg

エアコンプレッサーをお持ちでない方は飛ばさなくてもいいです。

次はプラグを外します↓

DSC01658.jpg

※写真では車載工具のプラグレンチを使用していますが、車載工具をなくした方は16mmサイズのプラグレンチを使用してください。

外れたら焼け具合をチェックします↓

DSC01653.jpg

普通はキツネ色に焼けていると良いとされていますが、
高回転型エンジンの場合は若干カブっているくらいが普通です。
低中回転型エンジンの場合は若干焼けすぎていても問題ありません。

新旧比較↓

DSC01656.jpg

VFRは標準プラグがイリジウムなのでプラグ清掃はできませんが…
この記事を読んでくださっているノーマルプラグ車オーナーのために清掃の方法を解説します。

※イリジウムプラグを代用して清掃しますが、決してイリジウムプラグは清掃しないでください。

※もし中心電極の角が落ちて丸みを帯びているようならば清掃せず交換してください。

まずバーナーで焼きます↓

DSC01661.jpg

これはプラグに付着したガソリンや不純物を取れやすくするためです。
ガソリンが多量に付着している場合、バーナーの炎がプラグに当たるとからに変色します。
その場合は赤い炎が出なくなるまで焼いてください。

※あまり熱しすぎるとギャップが狂う可能性がありますので、
 接地電極(赤矢印の部分)が赤くなったら少し間を置いてから熱してください。


焼き終わったら次は真鍮ブラシで磨いてきれいにます↓

DSC01660.jpg

DSC01662.jpg

これで組み付ければ交換せずに済みます。

次は組み付け…ですが、その前に注意点を。

基本的にプラグはエンジンの上や斜め上から装着しますので、
カチャカチャやってるうちにガスケットがネジ山の方に少し落ちてくる場合があります。

これで手順通り手で締め付けて回らなくなってから本締めすると、
「スカっと」トルクが抜けてネジ山をナメてしまったような感覚になりますので、
その時は落ち着いてゆっくり締め付けていってください。
ガスケットがエンジン側に押されて適正な位置に戻ります。

組み付けは今までと逆手順で行うだけです。

まずはプラグをプラグレンチに挿して手で締め付けて回らなくなるまで締め付けます。

手で締め付けたら次は本締めです。

トルク管理は重要ですが、私のバイク含め必ずしもトルクレンチが使えるだけの広さがあるとは限りません。
指定トルクもプラグの種類・新品・再使用でバラバラです。

ですので…様々なバイクのプラグを交換しなければならないバイク屋さんのテクニック!
ラチェットの頭を持って強く締め付ける

DSC01659.jpg

これで大抵ベストな位置に収まります。
(マッチョな方はご遠慮ください。あくまで平均的成人男性の力での話です)

ダイレクトイグニションコイルを差込み、カプラーを接続、ボルトで固定すれば完成です。
もう片方のプラグも同じ手順で交換してください。

次はリアバンクのプラグ↓

DSC01663.jpg

DSC01664.jpg

1:シートを外したら写真1の赤矢印のボルトを外し、燃料タンクを持ち上げます。

2:写真2のように車載工具のピンスパナとハンドルを接続し、燃料タンクを支えます。
 (車載工具が無い方は適当な棒で支えてください。くれぐれも手を挟まないように!)

これでリアバンクのヘッドカバーにアクセスできます↓

DSC01665.jpg

1:緑矢印のカプラーを外します。
 (ツメを押し込みながらでないと外れません)

2:赤矢印のボルトを外します。
 (長めのソケットを使用してください)

フロントバンクと同様にプラグを外しますが、あまりに狭いためイライラすることうけあいでしょう (笑
特にバイクにまたがって右側のリア側イグニションコイルは、最悪タンク後端のボルト2本を外し、
燃料タンクを持ち上げなければ抜けないこともあります。

ですが交換手順はフロント側2本と同じなので、組み付けたら燃料タンクを固定して終了です。
[ 2012/03/06 20:21 ] VFRのメンテナンス | COMMENT (8)
> 口で上手くいえないので、自分のメンテ記事に写真があるので見て下さい。

わお…かなりカブってますね (^^;
とねさんはあまり回して走らない方ですね (^-^)

> ちなみに、自分のは純国産のままですよ。

国内仕様でもここまでカブりますか…
私はフルパワー化直後は国内プラグだったのですが、
交換時期になって見てみるとそこそこ良い焼け方してたから、
ひょっとするとフルパワーでも番手上げなくてもいいのかもしれませんね (^^;
[ 2012/03/09 21:44 ] [ 編集 ]
vfr800rさん、レス遅くなりました。

口で上手くいえないので、自分のメンテ記事に写真があるので見て下さい。
ちなみに、自分のは純国産のままですよ。
http://vfr800.web.fc2.com/menntenannsu/engine/head.html
[ 2012/03/09 20:31 ] [ 編集 ]
> パーツカタログで確認しました。
> VFR800の2/4/6の全て同じでした。
> フロントは六角フランジナット
> リアはソケットフランジボルトでしたよ。

ありゃ?私も今確認しまして同じ結果でした(当たり前か) (^^;
話反れますが、とねさんのVFRって国内仕様のままでしたっけ?
プラグの焼け具合はどうですか?
[ 2012/03/07 23:58 ] [ 編集 ]
パーツカタログで確認しました。
VFR800の2/4/6の全て同じでした。

フロントは六角フランジナット
リアはソケットフランジボルトでしたよ。
[ 2012/03/07 21:00 ] [ 編集 ]
> vfr800rさん、こんにちは。
> プラグ交換ご苦労様でした。

こんにちは~☆とねさんにしてみれば赤子の手を捻るも同然の記事でございます m(_ _)m

> 焼く方法があったか~。
> 見ていたら、大昔、父親も同じ方法でした。
> 昔のエンジンは、爆発が良くないせいか、プラ部の奥深くに屋にみたいなものが溜まっていました。

その溜まったガソリンに火が点くとスゴイですよ (^^;
フルブースト100円ライター状態になります (^^;

> 今は、カーボン落とし用のスプレーで清掃しています。
> やはり、初心忘れべからずですね(笑)

カーボン落し!?どんなヤツですか?! (゚ ゚;
私も欲しい!! (^^;

> 新品に交換したようですが、全域にわたってトルク感が増したでしょ。
> 気持ちいいですよね。

そりゃぁもうヒュンヒュン回転上がってエライことになってますよ (^^;
ゼロ発進気を付けないと…

> ところで、気がついたのですが、プラグを固定しているボルトですが、通常、キャップボルトはリア側に使われていると思い安すが、、、、。逆??

私のVFRはサビやすい所を全てステンに交換してあります (笑
ですがリア側はそのままだったハズ…とねさんのは?
[ 2012/03/07 20:03 ] [ 編集 ]
> 今回も分かりやすくてとても参考になります!
> フロントバンク側は私でもできそうな気がしてきましたが、やっぱプロに任せた方が安全ですね、、^^;。

ありがとうございます (^-^)
何をおっしゃる!チューブタイヤをイジれる方なら朝メシ前のはず!
是非是非トライしてみてください (^-^)
終わってみれば「フン、この程度か。」ってなるハズ (笑
[ 2012/03/07 19:50 ] [ 編集 ]
vfr800rさん、こんにちは。
プラグ交換ご苦労様でした。

焼く方法があったか~。
見ていたら、大昔、父親も同じ方法でした。
昔のエンジンは、爆発が良くないせいか、プラ部の奥深くに屋にみたいなものが溜まっていました。

この方法は、自分は、すっかり忘れていた方法です。
今は、カーボン落とし用のスプレーで清掃しています。
やはり、初心忘れべからずですね(笑)

新品に交換したようですが、全域にわたってトルク感が増したでしょ。
気持ちいいですよね。

ところで、気がついたのですが、プラグを固定しているボルトですが、通常、キャップボルトはリア側に使われていると思い安すが、、、、。逆??
[ 2012/03/07 17:10 ] [ 編集 ]
今回も分かりやすくてとても参考になります!
フロントバンク側は私でもできそうな気がしてきましたが、やっぱプロに任せた方が安全ですね、、^^;。
[ 2012/03/07 08:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
☆管理人の紹介☆
Dotard wolf ↑ 詳細はクリック ↑
☆お越し頂いた方々☆
☆月別アーカイブ☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。