DRIVE ME CRAZY

The only easy day, was yesterday.

ホーム > スポンサー広告 > 隼のフロントフェンダー脱着ホーム > HAYABUSA1300のメンテナンス > 隼のフロントフェンダー脱着

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント:(-)

隼のフロントフェンダー脱着

隼は高速域での空力を考慮したフルカバードボディ故に、
カウルを外さなければアクセスできない箇所が多いためあまり整備性が良くありません。
中でも最も外すのが面倒な部位、それはサイドでもない、アッパーでもない、何を隠そう…

フロントフェンダーです (゚д゚)

今回は外す際のポイントと、次回外しやすくするために
ちょっとした捻りを加えた戻し方を手順を追って解説します。

使用する工具は上の2種類のみです↓

DSC00362.png

下のギアレンチとスタビドライバーがあれば作業が捗ります☆

それでは「続きを読む」から始めます↓
赤矢印のボルトを外し、少しでもフェンダーが動かせる状態にします↓

DSC00355.png

片側3ヶ所ずつ、合計6ヶ所あります。

赤矢印のボルトを外し、スカートを取外します↓

DSC00353.png

左右2ヶ所と中央に1ヶ所、合計3ヶ所あります。
裏側からロックナットで締まってるので回し始めは少し固いです。

※ 裏ネジや裏ナットは「逆回転」と憶えておきましょう
  即ち自分から見て締める方向で緩みます


③ スカートを外したら赤矢印、左右キャリパーを繋ぐホースの固定リングクリップを外します↓

DSC00354.png

一旦後方へ倒し、フェンダー裏側に貫通している後ろ側のツメを押しながら前後させつつ引抜きます。

④ 最後に車体右側、赤矢印のボルトを外します↓

DSC00359.png

※ 裏側から10mmのボルトで留まってるので、ギアレンチがあると掛け直しせずに回せるため楽に外せます

⑤ フェンダーを外す際、車体両側のスカートのボルト穴部分が盛り上がっていてフォークに引っ掛かるので、
  両側の赤丸部分を押し込んでたわませながらフェンダーを前方に引抜きます↓

DSC00344.png

取付けは完全逆再生で行いますが、取付けのポイントや次回外す際に少し楽できるよう、
ちょっとした工夫などを紹介しておきます。

取付けに至って、最も困難を極めるスカート中央のボルトをプッシュリベットに変更しておきます↓

DSC00341.png

ちなみにこのプッシュリベットはメーターパネル傍に使用している物と同じです↓

DSC00342.png

※ その他のプッシュリベットはサイズが合わないため不可

次はウザいホースの固定リングクリップ↓

DSC00339.png

ツメに近い適当な場所をぶった切ります (笑
もちろん2分割されますが、合せて差し込めば抜け落ちることはありません。
これにより切った部分を広げてホースを脱着できるようになりますので、
次回以降はリングクリップを抜かなくて済みます。

抜け落ちが不安な場合は細いタイラップ等でツメに抜け止めをすると良いです↓

DSC00340.png

スカートを取付ける際、ワッシャーを挟む必要がありますが、ポロポロ落ちてキィーっ (゚皿゚)となるので…

こんな感じで指に挟み、フェンダー裏から穴に合わせてからボルトを通すと良いです↓

DSC00351.png

DSC00352.png
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
☆管理人の紹介☆
Dotard wolf ↑ 詳細はクリック ↑
☆お越し頂いた方々☆
☆月別アーカイブ☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。