DRIVE ME CRAZY

The only easy day, was yesterday.

ホーム > スポンサー広告 > 全国のライダーの皆さんへホーム > バイク全般 > 全国のライダーの皆さんへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント:(-)

全国のライダーの皆さんへ

以前の記事で紹介した大先輩であり、バイク仲間であるたこ焼きいっちゃん常連の
下道塾・塾長ハラダさんのイナズマカタナに問題が発生したため、
私が代弁する容で全国のライダーの皆さんにご意見をお伺いしたいと思います。

さて、問題というのは去る3月23日、塾長がいつものように洗車している際に発覚しました。

ドリブンスプロケットの固定ナットが手で回せるほど緩んでいる。
(しかも6個全部のナットが)


そこで早速、購入元のユ〇コーンジャパンに問い合わせしたそうです。

塾長:「スプロケの固定ナットがすべて緩んでいたのですが、どういうことですか?」

ユ〇コーン:「500kmほど走ると緩んできます。」

塾長:「?? そんな簡単に緩む所じゃないでしょう?」

ユ〇コーン:「とにかく近所のバイク屋で増し締めしてもらって下さい。 代金は払います。」

塾長:「…………。」

そして塾長は走行も困難な状態であるため、京都の有名なバイク屋Mさんに引き上げてもらい、
カタナを診断してもらったそうです。

結果は… もちろんNG。

私自身、そのバイク屋Mさんに出向き、入庫された時の状況を詳しく教えて頂きました。
私も一端のバイク屋、写真を見ただけで状況は飲み込めました。

仮留めのまま、本締めするのを忘れていた。

もし塾長がこまめに洗車する方でなかったら、遅かれ早かれ後輪からスプロケとチェーンが外れ、
チェーンが切れてクランクに巻き込み、エンジンが壊れる&転倒していたことでしょう。

実際のスプロケとスプロケホルダーのダメージ↓

DSC02424.jpg

DSC02421.jpg

写真赤矢印の部分、緩んだボルト&ナットが振れて接触し削れています。
この状態で増し締めしても正常には機能しません。
もちろんバイク屋Mさんは「交換」という対処をされました。 私が見ても同じ判断をします。

通常、スプロケの固定ナットには簡単に緩むことのないよう「緩み止めのツメ」が付いています。
ツメがボルトのネジ山に噛み込むことで、振動による緩みを防止する効果があります。

もちろん塾長のカタナの固定ナットもツメ有り↓

DSC02423.jpg

DSC02422.jpg

ですが、いかに緩み防止ナットでも完全に締め込まなければ効果を発揮しません。
ナット座面の摩擦力が0だからです。 しかもご丁寧にロックワッシャーまで使用。
ちゃんと本締めしてあれば、走行中の振動で緩むことはありません。

一通りの整備を終えたところで塾長がユ〇コーンジャパンに送ったFAX↓ ※クリックで拡大します

01_20130519205845.jpg

上記の内容に対するユ〇コーンジャパンからの返信↓ ※クリックで拡大します

02_20130519210015.jpg

人それぞれ解釈の仕方があると思いますが、私が読んで感じたのは

「増し締めで解決するのに何故部品交換までしたのか?」

「今回は支払いこそするが、そのかわりウチを信用できないようなので倶楽部会員は除名」

完全に悪質クレーマー扱い。 呆れたことに迷惑を掛けたユーザーに念書まで書かせる始末。

そもそも高出力エンジンを搭載したマシンは世の中にたくさんありますが、
スプロケのナットがすべて緩んだなんてことは聞いたことがありません。
完調に整備してある車両ほど増し締めが必要? ならば適当に整備された車両の方が緩みにくいとでも?
特に「今回は半分以下の200km………」の部分は理解に苦しみます。
しかもバイク屋Mさんで整備してからは800km走っても緩みは一切発生していないとのこと。

完調という割にはエンジンのかかりも悪く、塾長が苦労されている姿を何度も見ています。
そしてタイヤのセンターも出ていなかったそうです。

前後スプロケとチェーンは交換済みとのことですが、
ドライブスプロケット固定ワッシャーがどう見ても使い回し↓

DSC02426.jpg

あきらかに歯が寄っています。 ドライブスプロケットを交換した際、
普通ならこんな状態になったワッシャーは新品に交換します。
ちゃんと整備したのか? と思い、塾長に整備記録簿を見せてくれと言うと…

「ユ〇コーンジャパンは整備記録簿は出さない」とのこと。

私は中古車購入に中って整備記録簿を発行するのは常識であると認識してますので、
よほど整備に自信があるのかと感じましたが。
この記事でユ〇コーンジャパンの評判を貶めるつもりは毛頭ありませんが、
肩を落とし、悲観に暮れる塾長を見ていたたまれなくなった多数のライダーを代表して、
私が拙い文章と専門知識を交え記事にしたためました。
ツーリング先で休憩するたび、スプロケのナットが緩んでいないか確認するようになったそうです。
これはある意味トラウマと言うべきでしょう。 このことで楽しい時間も台無しになります。

さて、この記事を読んで下さったライダーさんはどのように感じられましたでしょうか?
幅広いご意見・ご感想を募り、次の段階へ移行するかどうか判断したいと思います。
ブログやホームページを運営していらっしゃる方は拡散にご協力頂ければ幸いです。
[ 2013/05/19 22:54 ] バイク全般 | コメント:(-)
☆管理人の紹介☆
Dotard wolf ↑ 詳細はクリック ↑
☆お越し頂いた方々☆
☆月別アーカイブ☆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。